10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
シヴィライゼーション4 ビヨンド ザ ソード 完全日本語版
シヴィライゼーション4 ビヨンド ザ ソード 完全日本語版 (JUGEMレビュー »)

civilization4の拡張パックです。スパイ・企業という新要素が加わり、ゲーム性が大きく変化。AIが以前より賢くなって、歯ごたえのあるプレイが楽しめます。
RECOMMEND
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<< コードギアス 反逆のルルーシュR2 1話感想 | top | civilization4 の紹介 その1 あるいは廃人の養成 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
人類は衰退しました (田中ロミオ) 感想 新作ゲームもあるそうな
田中ロミオさんは以前から好きなシナリオライターさんです。
「家族計画」とか「cross channel」とか、けっこうのめりこんでプレイした記憶があります。
いずれもおもしろいです。PS2でも出ていたはずですので、機会があればプレイすることをおすすめします。
(PC版は18禁なので注意してください)

どんなジャンルであれ、最終的に表現に必要なのは、人の心をゆさぶることだとおもうのですが、田中ロミオさんはそれができる人なので、この作品にも期待して読みました。

そういう意味では、今回はちょっと肩透かしをくらったかな、という感じです^^;
けっしてつまらないものではありませんが、こちらの勝手な期待がはずれていたといいますか。

「家族計画」にしても「cross channel」にしても、表面的にはギャグやコミカルな展開がちりばめられながらも、裏側では重たいテーマがひそんでいる話でしたが、今回の「人類は衰退しました」は、ひたすらライトでメルヘンなタッチで描かれています。

舞台はおそらく未来の地球で、人類は衰退しています。
人口は一億くらいで、文明は大きく衰退。道路はろくに舗装もされておらず、食料や物資は配給制のようです。
主人公の少女が通っていた学校も閉鎖され、本当に衰退しています。
学校では食料確保のためか、農業が必須科目になっている様子です。
人類が衰退しているのですから、本来は大変な状況のはずですが、登場人物たちは特にそれを嘆くでもなく、新しい主役の登場を受け入れて、平穏に衰退していっています。

そんな衰退してしまった人類に変わる新しい主役は「妖精さん」です。
平均身長10センチ、やんちゃな男の子のような外見を持ち、食欲がなく、邪気がなく、それでいて人類を凌駕する高度な科学技術を要し、楽しいことを求めてさまよっている存在。楽しいことを見つけると、たちまち群れをなして、その高度な科学力を費やして、様々な楽しい騒動を巻き起こしてくれる存在。
一夜にして高度な都市のミニチュアを作り上げたり、ゴム動力のみで動く恐竜のペーパークラフトを生み出したり…。
うーん、こうして書いてみるとわけがわかりませんね^^;

人類が一億程度しかいなくなったのに、妖精さんは100億以上と大繁殖。
当人たちには野心はなく、人類に出会うと神様扱いしたりします。

しゃべり口も子供っぽくておまぬけで、なんとも愛らしい存在です。
そんな妖精さんたちと、人類と妖精の間をつなぐ役割を担う(ことになっている)調停官になった少女とが、交流する様が描かれています。

この1巻目は現在の世界の状況と、妖精さんがどんな存在であるのかが紹介されたような内容でした。
文章はライトでコミカルなタッチで書かれていて、とても読みやすいです。ところどころくすりとしてしまうような表現が出てきます。

妖精さんたちは名前を聞かれると「な…まえ?」「ねーむだ、ねーむ」「ねーむとはなまえのことだ」「ぺんねーむでいい?」なんて会話をしたりするのですが、読んでいるうちに Mother というゲームに出てくる「どせいさん」というキャラクターを思い出してしまいました。
両者に共通することは、見ていて(あるいは読んでいて)非常になごむということですね。

というわけで、「人類は衰退しました」はとてもなごむ小説だったということです。

しかしながら、どうして人類は衰退したのか、とか妖精さんたちが主役になったのはなぜかのか、とか、いくつかの謎や複線が放置されたままです。
あとがきに書いてありましたが、今後もシリーズ化して続けるためにわざと未回収なのだとか。(書かずにおけば波風たたない裏事情、だそうです^^;)

続巻が刊行されているようですから、今後も読み進めていこうかと思っています。


さて、この小説とは関係ありませんが、keyというゲームレーベルの新作に田中ロミオさんが参加するそうです。
rewrite」という作品で、「ひぐらしのなく頃に」を書いた竜騎士07さんと共作するようですね。
これも楽しみです。
ホームページに「書き換えることができるだろうか。彼女の、その運命を」とありますから、内容はループものでしょうか?
ループもので実績のある田中ロミオさんと竜騎士07さんが参加するのですから、たぶんそういう内容になるのだと思います。
エイプリルフールネタだと思いきや、本当の話だったというサプライズ。

こちらも楽しみです^^

JUGEMテーマ:SF小説


kansou11 | 小説 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:02 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: