10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
シヴィライゼーション4 ビヨンド ザ ソード 完全日本語版
シヴィライゼーション4 ビヨンド ザ ソード 完全日本語版 (JUGEMレビュー »)

civilization4の拡張パックです。スパイ・企業という新要素が加わり、ゲーム性が大きく変化。AIが以前より賢くなって、歯ごたえのあるプレイが楽しめます。
RECOMMEND
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
<< 丕緒の鳥 十二国記 | top | コードギアス 反逆のルルーシュR2 1話感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd ようやく積みゲー消化
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd をクリアーしました。
3rdと名前のついているとおり、FC・SCからの続き物なので、先に前編をプレイしていないとストーリーが把握できないので、いきなりこれをプレイするのはやめたほうがいいです。

今回は続編というよりも、6.5話といった感じです。
次の英雄伝説7へのネタ振りがあり、FC・SCに登場したキャラクターたちのサイドストーリーが語られ、ミニゲームで遊べるファンディスクのような内容でした。
かの「剣聖」(設定上の最強キャラ)とも戦えます。

ダンジョン内を探索する内容なので、FC・SCのような冒険物を期待して買うと肩透かしをくらいますが、ちゃんとゲームとして遊べるクオリティは維持されてます。
ファンディスクを楽しむぞ、と割り切れる人、今後もこのシリーズを遊ぶつもりの人は遊んでおいたほうがいいと思います。
次につながるであろうエピソードが多く語られていますので。
ただ、7000円はちょっと高いかもしれません。
5000円くらいで買えるところ探したほうがいいかも…。

本編ストーリーの見所はケヴィンの過去を克服し成長する物語と、前作までの主人公、エステルとヨシュア、レンとの絡みですね。

このあたりは同工異曲といいますか、過去の出来事によって大きなトラウマを抱えていて、それゆえに人格・行動に歪みを抱えた人物が、誰かの手によって救済される、という流れで物語が展開していきます。

ヨシュアは過去に故郷を滅ぼされて姉を殺され、結社という秘密組織に拾われ、洗脳され、エージェントとして暗躍することになります。

ケヴィンは母親に殺されかけ、救ってくれた恩人の命を事故のような形で奪うことになり、外法狩り(異端審判のようなもの)として汚れ仕事をこなし、自分を罰し続けます。

レンは幼いころに両親に売られ、売春をさせられ、(おそらく)麻薬を服用させられ、後に結社に救われてヨシュアと同じくエージェントとして暗躍するようになります。

こうして書いていくと不幸のオンパレードですね。
特にレンの過去はかなり痛々しく、こういう設定はちょっとどうなのかな〜、と思います。
幼児の性的虐待の話ですので、レンの過去のエピソードが描写される「星の扉15」は読まない方がいいかもしれません。
しかし、読まないと核心の「星の扉14」が読めなくなっているので、読むことになってしまうんですよね…。
このあたりは「ファルコム自重しろ」という感じです。

ケヴィンのエピソードは覚醒の爽快感があり、なかなかよいシナリオだったと思います。
ちょっとあっさり変わりすぎな感じもしましたが^^;

3rdでこれまであいまいな存在だった結社の姿も見えてきましたし、ここからは本格的に対結社の戦いが進行していきそうですね。
流れからして次はエレボニア帝国が舞台で、オリビエとミュラーが主要人物として登場してきそうです。
おそらくエステル・ヨシュアもサブで登場するでしょう。
レンの救済というテーマが残っていますし、SCでこれから大陸中をめぐる、という終わり方でしたから、どこに出てきてもおかしくないわけですし。
オリビエとミュラーが主人公だと政治劇に傾きすぎるでしょうから、おそらく新キャラが登場して主役をはるのではないでしょうか。
活動しにくそうな帝国の遊撃士が主人公だと、6とは違ったトーンの物語になりそうですね。
いろいろ妄想は膨らみますが^^、次回作を期待して待つことにします。

音楽についてですが、今回もいい曲がそろっていますね。
主題歌もいいですが、ボス戦での戦闘曲がとくにすばらしいと思います。

Overdosing Heavenly Bliss
Cry for your Eternity

あたりが気に入りました。

キャラクターについては、リシャールが優遇されすぎです^^。
クロックアップをかけて光鬼斬を連発しているとひとりでボスが倒せてしまいます。
ラスボスもリシャール無双で倒せました。
レンもアーツの使える種類が多いので使い勝手のいいキャラでしたね。
これまで弱キャラだったティータはオーバルギア(パワードスーツのようなもの)に搭乗可能になって攻撃力アップ、一気に強化されました。
他のキャラクターはあまり変化ありませんが、相変わらずエステルの能力が微妙^^;
設定(17才と若く、パーティーメンバーのなかでは戦闘経験が浅い方)を考えると妥当な性能だとも言えますが、主人公補正のないところがらしいと言えばらしいのかな?
キャラクターはまさに主人公! といった感じでしたが。

ラストで「空の軌跡はこれで完全に終了です」、というメッセージが出たので、エステルが主人公の物語は終わりのようです。

FCが出たのはもう4年近く前ですから、このペースだとシリーズ完結に10年くらいかかりそうですね^^;
7で終わるのか、8まで続くのか?
いずれにしてもまだしばらくは楽しめそうですね。
早く次でないかな〜。
kansou11 | ゲーム | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:48 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: